オススメのライトノベル募集中。

2015年04月30日

リリーベリー

リリーベリー―イチゴショートのない洋菓子店 (メディアワークス文庫)リリーベリー―イチゴショートのない洋菓子店 (メディアワークス文庫)
大平 しおり

アスキーメディアワークス 2013-03-23
売り上げランキング : 230466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「みなさんには、ケーキのように愛おしい宝物はありますか?」
―大切な想いが込められたものには、必ず他人を魅了する力があるといいます。
女子大生・中屋明海が訪れた噂の洋菓子店「リリーベリー」は不思議な店でした。
一年間限定開店、店に置かれるケーキは一日一種類のみ、
そして、スイーツの主役であるイチゴショートがないこと。
そんな店に疑問を抱く明海でしたが、ある事件をきっかけに、
問題の店のパティシエ兼青年店長・竹下望と一緒に働くことになってしまい…!?
一軒の洋菓子店に纏わる、愛おしい物語。

感想文
posted by 安藤 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

小説家の作り方

小説家の作り方 (メディアワークス文庫)小説家の作り方 (メディアワークス文庫)
野崎 まど

アスキーメディアワークス 2011-03-25
売り上げランキング : 55900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「小説の書き方を教えていただけませんでしょうか。
私は、この世で一番面白い小説のアイデアを閃いてしまったのです―」。
駆け出しの作家・物実のもとに初めて来たファンレター。
それは小説執筆指南の依頼だった。出向いた喫茶店にいたのは、世間知らずでどこかズレている女性・紫。
先のファンレター以外全く文章を書いたことがないという紫に、物実は「小説の書き方」を指導していくが―。
野崎まどが放つ渾身のミステリー・ノベル改め「ノベル・ミステリー」登場。
感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

もう一つのシアター!

有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)
有川 浩

アスキーメディアワークス 2011-05-25
売り上げランキング : 90990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


春川巧が主宰を務める小劇団『シアターフラッグ』。
300万の負債を抱え解散の危機が迫る劇団に、
地方都市の高校から学校公演の依頼が舞い込む。
利益が見込めないことを理由に反対する鉄血宰相・春川司を尻目に、
初めての公演依頼に舞い上がる『シアターフラッグ』のメンバー達。
しかし、意気揚々と学校へ乗り込む彼らに思いも寄らぬトラブルが次々と降りかかり…!?
有川浩が舞台『もう一つのシアター!』のために書き下ろした珠玉の脚本集。
巻末には、大和田伸也、阿部丈二とのスペシャル対談も収録。

感想文
posted by 安藤 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

舞面真面とお面の女

舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
野崎 まど

アスキーメディアワークス 2010-04-24
売り上げランキング : 82201

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


工学部の大学院生・舞面真面は、ある年の暮れに叔父の影面からの呼び出しを受け、
山中の邸宅に赴く。そこで頼まれたこととは、真面の曽祖父であり、
財閥の長だった男、舞面被面が残した遺言の解明だった。
従姉妹の水面とともに謎に挑んでいく真面だったが、
不思議な面をつけた少女が現われたことによって調査は思わぬ方向に進み…。感想文
posted by 安藤 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

死なない生徒殺人事件

死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)
野崎 まど

アスキーメディアワークス 2010-10-23
売り上げランキング : 22658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「永遠の命を持った生徒がいるらしいんですよ」生物教師・伊藤が
着任した女子校「私立藤凰学院」にはそんな噂があった。
話半分に聞いていた伊藤だったが、後日学校にて、ある女生徒から声をかけられる。
自分がその「死なない生徒」だと言ってはばからない彼女だったが、
程なく彼女は何者かの手によって殺害されてしまう―。
果たして「不死」の意味とは?そして犯人の目的は!?
第16回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞者・野崎まどが放つ、独創的ミステリ。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

自称分析官ヴィルヘルムの迷推理

自称分析官ヴィルヘルムの迷推理 (メディアワークス文庫)自称分析官ヴィルヘルムの迷推理 (メディアワークス文庫)
十階堂 一系

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-06-25
売り上げランキング : 326269

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


くだらなくって可笑しい。そんな分析で、日常の裏の裏まで、楽しんでみませんか?

ふんわり可憐なその容姿に似合わず、日常のどんなものにでも首を突っ込んで、
分析しなければ気が済まないちょっぴり残念な女子大生、葵子。
バイト先で、ふと訪れた喫茶店で、大学の研究室で――葵子は今日もどこからか、日常に隠れた分析の種を見つけてくる。
くすりと笑う彼女の唇から転がり出す、冗談めかした分析。それは、つまらない日常の色をがらりと変える。
くだらなくって可笑しくて、けれどちょっぴり温かい、日常の謎の真相とは……。
軽妙に二転三転する論理が楽しい、おもちゃ箱みたいな日常分析ミステリ登場!

感想文
posted by 安藤 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

答えが運ばれてくるまでに

答えが運ばれてくるまでに―A Book without Answers (メディアワークス文庫)答えが運ばれてくるまでに―A Book without Answers (メディアワークス文庫)
時雨沢 恵一 黒星 紅白

アスキーメディアワークス 2011-12-22
売り上げランキング : 93795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どんなに考えても、今は答えが出ないことがある。
時間が経たないと、未来にならないと、分からない答えがある。
それまでに―答えがある。
それまでに―答えが運ばれてくるまでに、僕達は、何を考えるだろう?
ドキリとする、ウルッとする、元気になる、胸が痛む、納得する、空を見上げたくなる、そんな“心が動く掌編”20篇を収録。
シリーズ累計750万部の「キノの旅」コンビが贈るオールカラー絵本第3弾。答えがいつかあなたに運ばれてきますように…。


感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ビブリア古書堂の事件手帖 5

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
三上 延

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-01-24
売り上げランキング : 3960

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


静かにあたためてきた想い。
無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。
彼女の答えは―今はただ待ってほしい、だった。
ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。
謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。
脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。
だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。
邂逅は必然―彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

夜が運ばれてくるまでに

夜が運ばれてくるまでに (メディアワークス文庫)夜が運ばれてくるまでに (メディアワークス文庫)
時雨沢 恵一 黒星 紅白

アスキーメディアワークス 2010-12-25
売り上げランキング : 122591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


男の子と女の子は、隣りに住むおばあさんの家に遊びに行き夜が来るまでのわずかな時間に、
いろいろなお話を聞くのが好きでした。―もう、あの村におばあさんはいません。
男の子は、小説家になって、女の子は、歌手になって、ときどき、おばあさんのお話を、思い出しているのです。
ドキリとする、ウルッとする、元気になる、胸が痛む、答えを探す、今はいない人を思い出す、
そんな“心が動く掌編”25篇を収録。眠るまでのひとときに……。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

ビブリア古書堂の事件手帖 4

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
三上 延

アスキー・メディアワークス 2013-02-22
売り上げランキング : 1449

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


珍しい古書に関係する、特別な相談――謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが――。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

探偵・花咲太郎は覆さない

探偵・花咲太郎は覆さない (メディアワークス文庫)探偵・花咲太郎は覆さない (メディアワークス文庫)
入間 人間 左

アスキーメディアワークス 2010-02-25
売り上げランキング : 121640

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「あの人が犯人よ」「どうして言い切れる?」「何となくよ。
だから頑張って、この事件を解決して」「それは無理」「どうして」
「今日も迷える子犬を捜索しないといけないからだ」
ぼくの名前は花咲太郎。探偵兼ロリコンだ(いや逆か?)。
犬猫探しが専門で、今日もその捜索に明け暮れている。
…はずなのだが最近、殺人事件ホイホイの美少女・トウキのおかげで、
望まない大事件がぼくに向かって顔見せ中。ヤメテー。
『閃かない探偵』のぼくにできることなんて、たかがしれてるんだけどなぁ。

感想文
タグ:2010年 感想
posted by 安藤 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

ビブリア古書堂の事件手帖 3

ビブリア古書堂の事件手帖3 〜栞子さんと消えない絆〜 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 〜栞子さんと消えない絆〜 (メディアワークス文庫)
三上 延

アスキー・メディアワークス 2013-02-25
売り上げランキング : 49

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。
すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。
人々は懐かしい本に想いを込める。
それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。
美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。
彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?
絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。これは“古書と絆”の物語。

感想文
posted by 安藤 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

ドラフィル! 1

ドラフィル!―竜ヶ坂商店街オーケストラの英雄 (メディアワークス文庫)
ドラフィル!―竜ヶ坂商店街オーケストラの英雄 (メディアワークス文庫)美奈川 護

アスキーメディアワークス 2012-03-24
売り上げランキング : 72934


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



音大を出たけれど音楽で食べる当てのないヴァイオリニストの青年・響介。
叔父の伝手で行き着いた先は竜が破壊の限りを尽くした―と思える程に何もない町、
竜ヶ坂の商店街の有志で構成されたアマチュアオーケストラだった。
激烈個性的な面子で構成されたそのアマオケを仕切るボスは、
車椅子に乗った男勝りの若い女性、七緒。
彼女はオケが抱えている無理難題を、
半ば強引に響介へ押し付けてきて―!?竜ヶ坂商店街フィルハーモニー、
通称『ドラフィル』を舞台に贈る、音楽とそれを愛する人々の物語。
感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

ビブリア古書堂の事件手帖 2

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延

アスキー・メディアワークス 2011-10-25
売り上げランキング : 1254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。
だが、入院以前とは勝手が違うよう。
店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。
変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。
まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。
青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

ビブリア古書堂の事件手帖 1

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)三上 延

アスキーメディアワークス 2011-03-25
売り上げランキング : 357


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。
そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。
残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。
接客業を営む者として心配になる女性だった。
だが、古書の知識は並大低ではない。
人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、
いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、
まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。

感想文
posted by 安藤 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

0能力者ミナト 1

0能者ミナト (メディアワークス文庫)
0能者ミナト (メディアワークス文庫)葉山 透

アスキーメディアワークス 2011-02-25
売り上げランキング : 26501


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



科学が隆盛を極める現代。
だが、その片隅にひっそりと息づく異形のものたちがいた。
存在を知る一部の者たちは、それを「怪異」と呼んだ。
当然、怪異を相手にする生業もある。修験者、法力僧、呼ばれ方は様々だが、その中でひと際変わった青年がいた。
条湊―どこか斜に構えたクセのある青年だが、彼が同業者から疎まれているのはそこではない。
霊力、法力、神通力、彼はそんな力を一切持っていない。
それにもかかわらず怪異を倒すという。
その手腕は驚くべきものだった。


感想文
posted by 安藤 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

ネバー×エンド×ロール

ネバー×エンド×ロール―巡る未来の記憶 (メディアワークス文庫)
ネバー×エンド×ロール―巡る未来の記憶 (メディアワークス文庫)本田 壱成

アスキーメディアワークス 2012-06-23
売り上げランキング : 152562


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
この街は壁に囲まれている。
札幌を襲った天災から十六年、復興という名の再開発事業のせいで、
街は厚く高い壁の中にすっぽり収まっていた。
そんな街で育った十五歳の少年・駆は外の世界への憧れを抱いている。
怖いもの知らずの彼は、街一番の秀才・勇夢と幼なじみの夏月を巻き込み、
無謀な脱出作戦を計画するが…ある夏の日、
放課後の屋上に“過去へ駆ける少女”が落っこちてきて―!?
一人の少女が巡る三つの暦。壁に秘められたナゾを紐解く、青春のロスタイムストーリー。

感想文
posted by 安藤 at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

還りの会で言ってやる

還りの会で言ってやる (メディアワークス文庫)
還りの会で言ってやる (メディアワークス文庫)八重野 統摩

アスキーメディアワークス 2012-06-23
売り上げランキング : 48072


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



いじめをする奴は、もちろん最悪だ。
だが、いじめを見過ごす奴だって最悪だ。
おれはそれを理解していながら、
幼なじみである柚舞が迫害を受けている事実から目を背け続けてきた。
そんな自分に終止符を打とうとした矢先、
宇佐部と名乗る男がおれ達の前に現れる。
そいつは柚舞のことをダメ人間だと堂々と口にしたあと
『ダメ人間社会復帰支援サークル・還りの会』だなんてふざけた集団を作っておれ達を引きずり込み、
連中への復讐を企み始めるのだが―。


感想文
posted by 安藤 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

ソラの星

ソラの星 (メディアワークス文庫)
ソラの星 (メディアワークス文庫)岩関 昂道

アスキーメディアワークス 2012-01-25
売り上げランキング : 44118


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
いまどきありえない行き倒れの少女を拾った僕。
それがソラという不思議な女の子との出会いだった。
この子、初めて会うタイプだ。やけに偉そうな老成した喋り方をするし、
とにかくよく食べる。しかも「恐ろしい組織に私は追われている」とまことしやかに言う始末。
かわいいのに、残念な子だった。奔放なソラの行動はとどまらない。
何にでも興味を示す彼女の標的となったのは噂の「死を予知する猫」。
そう、これがあの恐ろしくも不思議な事件の始まりだったんだ。
摩訶不思議なファンタジックストーリー。

感想文
posted by 安藤 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

お茶が運ばれてくるまでに

お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)
お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)時雨沢 恵一 黒星 紅白

アスキーメディアワークス 2010-01-25
売り上げランキング : 79894


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



“心動く18の掌編”―ほんのひと時に。
あなたはイスに座って、ウェイターが注文を取りにきました。
あなたは一番好きなお茶を頼んで、そして、この本を開きました。
お茶が運ばれてくるまでの、本のひととき。
ドキリとする、ウルッとする、元気になる、胸が痛む、答えを探す、好きな人に会いたくなる、そんな“心動く掌編”18篇を収録。
シリーズ累計660万部の「キノの旅」コンビ・時雨沢恵一&黒星紅白が描き下ろす“カフェでお茶が運ばれてくるまでに読む絵本”。

感想文
posted by 安藤 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

探偵・花咲太郎は閃かない

探偵・花咲太郎は閃かない (メディアワークス文庫)
探偵・花咲太郎は閃かない (メディアワークス文庫)入間 人間 左

アスキー・メディアワークス 2009-12-16
売り上げランキング : 122700


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「推理は省いてショートカットしないとね」「期待してるわよ、メータンテー」
ぼくの名前は花咲太郎。探偵だ。浮気調査が大事件となる事務所に勤め、日々迷子犬を探す仕事に明け暮れている。
…にもかかわらず、皆さんはぼくの職業が公になるや、期待に目を輝かせて見つめてくる。
刹那の閃きで事態を看破する名推理で、最良の結末を提供してくれるのだろうと。
残念ながらぼくはただのロリコンだ。…っと。最愛の美少女・トウキが隣で睨んできてゾクゾクした。
でも悪寒はそれだけじゃない。ぼくらの眼前には、なぜか真っ赤に乾いた死体が。
…ぼくに過度な期待はしないで欲しいんだけどな。これは、『閃かない』探偵物語だ。

感想文
posted by 安藤 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

シアター! 2

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)
有川 浩

アスキーメディアワークス 2011-01-25
売り上げランキング : 3043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  
「2年間で、劇団の収益から300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」―鉄血宰相・春川司が出した厳しい条件に向け、新メンバーで走り出した『シアターフラッグ』。社会的には駄目な人間の集まりだが、協力することで辛うじて乗り切る日々が続いていた。しかし、借金返済のため団結しかけていたメンバーにまさかの亀裂が!それぞれの悩みを発端として数々の問題が勃発。旧メンバーとの確執も加わり、新たな危機に直面する。そんな中、主宰・春川巧にも問題が…。どうなる『シアターフラッグ』!?書き下ろし。

感想文
posted by 安藤 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

生贄のジレンマ 下

生贄のジレンマ〈下〉 (メディアワークス文庫)生贄のジレンマ〈下〉 (メディアワークス文庫)
土橋 真二郎

アスキーメディアワークス 2010-12-25
売り上げランキング : 40376

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



他人を生贄にして自らの生を得る―そんな冷酷な選択を繰り返しがらも、生徒たちは課せられたルールに従うことで精神状態をなんとか繋ぎ止めていた。だがゲームは、生徒たち自らの“裏切り”によって、クラス間での騙し合いへと発展する。友人、恋人、血縁―人との“より深い絆”が生き残りの鍵となる中で、鈴木理香という恋人を得た篠原純一だったが……。やがてゲームは最後のステージへ!戦慄のジレンマゲーム、完結編。


感想文
posted by 安藤 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

魔界探偵冥王星O ペインのP

魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)
越前 魔太郎 KeG

アスキーメディアワークス 2010-06-25
売り上げランキング : 243322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 金星堂。そう呼ばれる建物には、二人の姉妹が住んでいる。姉の名は、小金井明日葉。妹の名は、小金井今宵。彼女らは、ペイン――『痛み』を余剰に得、そして失った。痛みを余剰に得た姉・明日葉は、敵を貫く意志を持った。痛みを失った妹・今宵は、全てを受け入れる心を持った。
 姉妹が住む街は、【寓話】にまつわる怪事件が後を絶たない。事件の根底には、必ず【彼ら】がいる。食物連鎖で人間の上に立ち、人間を食い物にする【彼ら】が。姉妹と【彼ら】の交わるこの物語に、【冥王星】の救いはない。ただ『痛み』を使って、敵を討つのだ。



感想文
posted by 安藤 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

思い出したくもない人生最悪の96時間

思い出したくもない人生最悪の96時間 (メディアワークス文庫)思い出したくもない人生最悪の96時間 (メディアワークス文庫)
布施 文章

アスキーメディアワークス 2010-09-25
売り上げランキング : 221638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


誰にでも「人生最悪のとき」はある。そしてそれは大低、予想もしていない瞬間にやってくるものだ―。雑誌記者として細々と暮らしていた清水は、音信不通となった弟を心配し、彼の部屋を訪れる。そこで目にしたのは、思いがけないことに、弟の他殺死体だった…。第一発見者として警察に疑われながらも、清水は真犯人を探し始めるのだが、やがて巨大な陰謀に巻き込まれて―。しがないやもめ男が経験する人生最悪の4日間を描く、緊迫の一大サスペンス。


感想文
posted by 安藤 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

魔界探偵冥王星O トイボックスのT

魔界探偵冥王星O―トイボックスのT (メディアワークス文庫)魔界探偵冥王星O―トイボックスのT (メディアワークス文庫)
越前 魔太郎

アスキーメディアワークス 2010-08-25
売り上げランキング : 86165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目を覚ました。巨大な籠の中で。扉には、大きな南京錠が二つ。わたし、閉じこめられてるのか。赤ちゃん用のおもちゃに囲まれて、籠の隅には、仮面をかぶった大男がいた。…これなに?それと、今更だけど、わたし、誰?…そうか。わたし、記憶喪失か。いや、分かってたけどね、本当は。さて。またあの気持ちいい夢に耽溺しよう。さあ、早くわたしに、狂った男の記憶を注入して。ソリッドシチュエーションホラー。

感想文
posted by 安藤 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

生贄のジレンマ 中

生贄のジレンマ〈中〉 (メディアワークス文庫)生贄のジレンマ〈中〉 (メディアワークス文庫)
土橋 真二郎

アスキーメディアワークス 2010-10-23
売り上げランキング : 729

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


生き残るためクラスメイトに投票し生贄を選出するか。それとも自ら生贄に志願し、他者を救うか―残酷な選択を前に、生徒たちが思考を停止させる中、やがてルールにある変化が起こる。生贄志願者の“価値の低下”―それは投票による生贄の選出を促すものであり、やがて起こるクラス間での凌ぎ合いを意味していた!そんな中、篠原純一は、些細な誤解やすれ違いによって徐々にクラスから孤立していき…。ジレンマゲーム第2弾。

感想文
posted by 安藤 at 22:48| Comment(3) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

生贄のジレンマ 上

生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫)生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫)
土橋 真二郎

アスキーメディアワークス 2010-09-25
売り上げランキング : 74196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「今から3時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法もあります、それは生贄を捧げることです――」
 卒業を間近に控えた高校生の篠原純一が数週間ぶりに登校してみると、何故か校庭には底の見えない巨大な“穴”が設置され、教室には登校拒否だった生徒を含むクラスメイト全員が揃っていた。
 やがて正午と共に何者かから不可解なメッセージが告げられる。最初はタチの悪いイタズラだと思っていた篠原たちだが、最初の“犠牲者”が出たことにより、それは紛れもない事実であることを知り……。『殺戮ゲーム』の著者・土橋真二郎、待望の最新作!!


感想文
posted by 安藤 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

殺戮ゲームの館 下

殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)
土橋 真二郎

アスキーメディアワークス 2010-03
売り上げランキング : 71842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ネットで得た情報をもとに集団自殺の廃墟を探していた福永祐樹含むオカルトサークルメンバー11名は、気が付くと密室に閉じ込められていた。そこで待ち受けていたのは、一方的に提示される不可解な“ルール”と、夜を迎える度に一人、また一人と殺されていく悪夢のような現実―。やがて祐樹たちの前に“警告者”が現れ、密室の中で行われる死を賭けたゲームの存在とどこかに“殺人犯”がいることを告げるが…!?疑心渦巻く密室サスペンス、下巻。


感想文
posted by 安藤 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

殺戮ゲームの館 上


殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)
殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)


土橋 真二郎

アスキーメディアワークス 2010-03
売り上げランキング : 40536


Amazonで詳しく見る
by
G-Tools


―誰かが言った。この二つには共通点があるのではないか。
一つは時折マスメディアをにぎわす集団自殺のニュース。
そしてもう一つは人間が殺し合う娯楽ビデオが存在するという都市伝説。
出会いや遊びが目的のオカルトサークルに所属する福永祐樹は、
ネットで偶然見つけた自殺サイトに興味を持ち、集団自殺の現場となったというある廃墟にたどり着く。
だが祐樹が目覚めた時、彼を含むサークルメンバー11名は密室に閉じ込められていた…。戦慄の密室サスペンス、上巻。

感想文
posted by 安藤 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。