オススメのライトノベル募集中。

2008年04月26日

笑うUFO殺人?事件

笑うUFO殺人?事件―「お茶くみスパイ」レイカの事件簿 (ソノラマ文庫)笑うUFO殺人?事件―「お茶くみスパイ」レイカの事件簿 (ソノラマ文庫)
青山 智樹

朝日ソノラマ 1998-01
売り上げランキング : 1313790

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「まったく、なんであたしがこんな事しなくちゃならないのよ」

スパイになりたい!!夢をかなえるべく必死で就職した憧れのスパイ組織。だが、そこでレイカを待ち受けていた任務は、「お茶くみ」であった。果てしなく続くように思われた日常を否定するように、ある日調査物質の入ったケーキの箱から、可愛らしいUFOの子供が飛び出した。手柄を立てようと躍起になるレイカだが…。世界征服を企むマッドサイエンティスト、カネへの執着世界一の吝嗇漢を巻き込んで無尽蔵に広がっていく、SFの無法地帯。
感想文
posted by 安藤 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日ソノラマ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

コスプレ温泉

コスプレ温泉コスプレ温泉
吉岡 平

朝日ソノラマ 2003-10
売り上げランキング : 567800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「また今度にして!」

ボーナスを翌週に控えた初夏のある日―
『そげな銀行』西竹口支店の店頭係・乾岬(二十三歳)は、
ビル街にある公園でアニソンを口ずさみながら放心状態となっていた。
なぜなら、その日の朝礼で突然、専門職以外の女子店頭係の全員解雇を言い渡され、
退職金もないまま放り出されてしまったからだ。
これからのことを考える余裕もない岬―
そんな彼女に、後輩の竹川頼子が声をかけてくる。
果たして頼子の目的は?三年半にもわたる綿密な取材のもとに描かれた、吉岡平入魂の一冊。感想文
posted by 安藤 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日ソノラマ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。