オススメのライトノベル募集中。

2011年07月02日

佐藤さん

佐藤さん (講談社文庫)佐藤さん (講談社文庫)
片川 優子

講談社 2007-06-15
売り上げランキング : 431275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現役高校生作家 注目のデビュー作
高校一年の少し気弱な主人公の男の子。彼が幽霊に憑かれている「佐藤さん」と出会い、彼女の除霊を引き受けたことから彼と彼女のふしぎな関係がはじまった。




感想文
posted by 安藤 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

ぼくらのサイテーの夏

ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫)ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫)
笹生 陽子

講談社 2005-02-15
売り上げランキング : 4103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一学期の終業式の日、ぼくは謎の同級生、栗田に「階段落ち」の勝負で負けた。ケガをしたうえ、夏休みのプール掃除の罰まで下された。よりによって、あの栗田とふたりきりで…。サイテーの夏がはじまった。友情、家族、社会などを少年の目線で描いた、児童文学界注目の著者、珠玉のデビュー作を文庫化。第30回日本児童文学者協会新人賞第26回児童文芸新人賞ダブル受賞作。


感想文
posted by 安藤 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

煙か土か食い物

煙か土か食い物 (講談社文庫)煙か土か食い物 (講談社文庫)
舞城 王太郎

講談社 2004-12-14
売り上げランキング : 87206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これが噂のMaijoだ
小説界を席巻する「圧倒的文圧」を体感せよ!
腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが? ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー! 故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩られた凄絶なドラマ。破格の物語世界とスピード感あふれる文体で著者が衝撃デビューを飾った第19回メフィスト賞受賞作。

感想文
posted by 安藤 at 17:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 講談社文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

NECK

NECK (講談社文庫)NECK (講談社文庫)
舞城 王太郎

講談社 2010-07-15
売り上げランキング : 227975

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


首で分断された想像力が、お化けを作りだすんやで―幼少体験をもとにした「ネック理論」の真実。首から下を埋められた三人の、地獄の一日。
山奥に潜む恐怖の首物語。首の長い女の子が巻き込まれた殺人事件…映画原案、舞台原作、そして書下ろしを含めた、4つの「ネック=首」の物語。


感想文
posted by 安藤 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

妖怪アパートの幽雅な日常 1

妖怪アパートの幽雅な日常1 (講談社文庫)妖怪アパートの幽雅な日常1 (講談社文庫)
香月 日輪

講談社 2008-10-15
売り上げランキング : 3197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


YAの大人気シリーズ、待望の文庫化。
共同浴場は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、とてつもなくうまいご飯を作ってくれる「手首だけの」賄いさん―十三歳で両親を失った俺が高校進学と同時に入居したのは人呼んで“妖怪アパート”!次々と目の当たりにする非日常を前に、俺の今までの常識と知識は砕け散る。



感想文
posted by 安藤 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

創竜伝 1

創竜伝〈1〉超能力四兄弟 (講談社文庫)創竜伝〈1〉超能力四兄弟 (講談社文庫)
田中 芳樹

講談社 1993-02
売り上げランキング : 253069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


20世紀末――凄まじい超能力を秘めた竜堂家の四兄弟に魔手が迫りつつあった。竜堂始(はじめ)、続(つづく)、終(おわる)、余(あまる)の四兄弟の力をわがものにして、全地球支配を企らむどす黒い巨悪の野望。しかし、竜堂兄弟に屈伏という言葉はない。巨悪の挑発は、最大の潜在能力を秘めた末弟・余を覚醒させた。待望のシリーズ第1弾!
感想文
posted by 安藤 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。