オススメのライトノベル募集中。

2015年09月26日

時をかける眼鏡 1

時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎 (集英社オレンジ文庫)時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎 (集英社オレンジ文庫)
椹野 道流 南野 ましろ

集英社 2015-01-20
売り上げランキング : 104006

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


法医学者が描く、タイムスリップ医学ミステリー!
母の故郷・マーキス島にある「法医学博物館」で突然、
過去の世界に飛ばされた、医学生の西條遊馬。
わけがわからないまま、殺人事件の現場に居合わせたために投獄されてしまう。
そこで出会ったのは、この国の皇太子ロデリック。
彼は、父である王を殺した罪に問われているというのだが…?
そして、ロデリックの無実を証明するよう、遊馬に頼んできた人物とは――!?




SFじゃないじゃないですかーヤダー

まさかのファンタジー。
高度に発達した科学は魔法と区別がつかないように
タイムスリップなどという魔法のような科学は
いっそ魔法に置き換えても何の問題はない。
人気のない博物館で主人公・アスマと似たような背丈の像が出てきたところで
「はいはい、これがスマなんでしょ。
タイプスリップで解剖助手になるんですよね分かります」
と適当な心持。
思ったよりファンタジーなタイプスリップでしたが
思えば科学でタイプスリップができるというのが
すでに科学なめているようなものなのかも知れません。

管理人は「兄弟がきゃっきゃうふふしている様」や
「現代では普通の主人公が過去や異世界では
賢者並みの知識の持ち主として重宝され無双」という物語は
大好物なので楽しめました。
結局三兄弟仲良しなんじゃねぇかよ。
特に次男は長男好きすぎて裁判中貴族達すっごい照れていると思う。
もう見ていられないと思う。
漫画「仁」、やタイムスリップ医療でなくても
「白い巨塔」「チーム・バチスタ」など読んでいて楽しい医療の物語を
最近読み始めまして、もっともっと医学の物語を読みたいところだったので
個人的にタイムリー。
ライトノベルでは医学に関わる物語ってとても少ないので
そこら辺の開拓は嬉しいですね。
医療ラノベって「ホープ」ぐらいしか知らないからなぁ。
学園ラブコメは学園ラブコメで楽しいのですが
幅が広がると安心できます。
海外ドラマの解剖メインの物語は結構人気だったりするので
需要はあるはずです。
頑張ってほしいものです。

属性はばっちり合っていたのですが
それ以外の物語を形作る技術は雑な感じ
元々少女だった主人公を
大人向けライトノベルという奇妙な言葉を通すため
とりあえず性別を変えて出版した、みたいな印象。
そんなに無茶しないでも…。
「現代では普通の主人公が過去や異世界では
賢者並みの知識の持ち主として重宝され無双」系おてんば寄り少女の
性格・行動パターンなので
二十代の野郎が主人公というのがめちゃくちゃ違和感。
なぜ男にした。
特に解剖を専攻しているやつの人格(イメージ)からかけ離れている。
世の中にはもうすでに解剖専攻しているようなやつは
こんな感じの性格(テンプレ)というものがあって
そのテンプレとは違う形にしたいのならもっと
キャラクターの描写とか掘り下げを行った方がいいと思いました。
いらんとこでページ割きすぎ。
解剖に至るまでの説明にページ割きすぎ。
故に事件の勢いというか、盛り上がりも少ない。
もったいない気がしました。
色々と荒い。
メインは解剖とか無双ではなく兄弟が仲良しで微笑ましい、というところなので
兄弟好き属性を持っていないと楽しめないかもしれません。

っていうかなんでコバルトじゃないんだろうな。
普通にコバルトの物語。
兄弟好きにオススメしたい。



posted by 安藤 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オレンジ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。