オススメのライトノベル募集中。

2015年09月03日

ゲート外伝 1

ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝南海漂流編ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 外伝南海漂流編
柳内 たくみ Daisuke Izuka

アルファポリス 2012-09
売り上げランキング : 21910

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『門』封鎖から5カ月。
特地では周辺列国の暴走により、各地で紛争が勃発していた。
伊丹ら日本使節団は、帝国皇太女ピニャらと共に紛争当事国との交渉に赴くが、
その道中に船が座礁し、伊丹とピニャの二人が大海原に放り出されてしまう。
伊丹行方不明の報に異世界美少女達は大パニック!
空と陸からの大捜査が始まった―かつてないスケールの超エンタメファンタジー。
『門』封鎖後の異世界珍騒動、開幕。



まさかのピニャルート。


これは死ねる。
裏表紙を見れば死ねる。
今回の裏表紙面白いなぁ。
ヨージ!お父さん死ね!見たいな感じがwww
「倦怠期なの?」と問う三人娘が
もはや彼女のようなものなのが笑えます。
早く誰か一人を選んだ方がいいと思うぞー
ヒト種は永遠の命を持っているわけではないんだからな。
本編最終巻を見るにロウリィ、テュカ、レレイ、ヤオ、ピニャの
五人から嫁候補は増えてはいないようだけれども
しかし誰か一人に決めたわけでも
腹をくくって全員を娶る決意をしたわけでもないんだろうな…
開き伸ばしにすればどんどん辛くなるぞ…
管理人のオススメはテュカ、ロウリィ、ヤオ、レレイ、ピニャです。
国の思惑としてはレレイと付き合って欲しいのではないかなーと思っていますがww

名前を覚えていない(捨て鉢)といっても
ダークエルフやオークと結婚する意志があるだなんて
ピニャ様見直した。
同じ駄々っ子なら潔癖の正義漢(女子ですが)の方が好感が持てます。
頑張れ!姫様!多分イタミは無理だろうけど
ステキなだんな様はゲットできるように祈っています。
「婿候補か?」一般兵「無理です!」の流れがすげー楽しかったです。
姫様愛されてるなぁ。めんどくさい女子だなぁww

イタミが女の子を決められないのは
元嫁さんと何故別れたのかが分からないせいなのかもしれません。
何故裏切られたのか?
もしかして自分が裏切っていたのか?
五人の女の子とリサが違う人間だということが分かっていても
もしかしたらリサと同じように別れてしまうのではないだろうか?
自分にとって結婚とかお付き合いをするということは
無意味なことなのではないか?
そう思うんじゃないかなぁ。

ロゼ(ピニャ)が捕まっている牢にあっさりは入れてしまうところとか
ちょっとご都合主義かな、と思うところもあったんですけれども
まぁフィクションだから良し!
アルバインがいいやつなのはご都合主義ではない。
彼は見ていて面白いなぁ。
彼の仲間達もユニークです。
彼らの話も見てみたいですね。
ロウリィとメグル、モーイの話は概要だけなのに読み応えがあって楽しかったです。
一冊外伝で出して欲しいぐらいです。

敵側のジターとフォルテは割とむなくそ。
今回の説明書紛失事件で面が割れそうですね。
っていうかゲートを開き続けようとして
世界が大混乱に陥ったのだから
それを教訓にして自衛隊やレレイに任せておけばいいのになぁ…
教育に関してはフォルテの言葉は一理ありますが
ゲートが自由に開けるようになれば
今までの学問形態だと敗北して搾取されるだけなんだよなぁ。
ゲートの向こうの大国は幼年教育が義務って国ばかりなので
いくら面倒でもみんながある程度頭よくなってくれないと
天才だけでは回っていかない。
凡人の方から搾取されますわ。
知識は有料である、というのは正しくとも
戦争は強い方が正しいのです。
まだ経済戦争をとめるすべはないからね。
両方とも正しいこととしてちゃんと覚えていかなくてはいけないことだなぁ
と思いました。

光の神の使途、亜神メイベル。
もうこれラスボスの風格じゃないですかー
外伝とか言ってただの新章じゃないですかヤター!!
というわけで新章開幕です。
のんびり各地を巡って日常生活というのも良いですけど
ラスボスがいると張りが出ますね。
自衛隊側はロウリィとあと…一応ハーディも味方なので
まぁ味方が死ぬことがあっても負けることは絶対ないんですよね。
そういう安心感はありますが
やっぱりなんか凄い神ばかり日本に味方しちゃっていいの?
パラーバランス崩れてない?
的なもやもやはありましたからね。
そういうのが解消されたのが良いと思います。
まぁ四年後までは確実に伊丹たちは生きているんですけれども
戦いが四年後も続く可能性もありますし…
まぁ新たなワクワクがあって大変楽しめました。

そんな感じで感想終了。


posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファポリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。