オススメのライトノベル募集中。

2015年05月12日

イブの時間

イヴの時間 another act (ガガガ文庫)イヴの時間 another act (ガガガ文庫)
水市 恵 茶山 隆介

小学館 2010-03-18
売り上げランキング : 171652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ピアノの感想を求めると、ハウスロイドのサミィは一言「楽曲です」と言った。
…わかってた。家事手伝いのロボットに感情はない。
音楽なんてわからない。見た目は人間そっくりだけど、人間に従うだけの、道具にすぎない。
そんなサミィの行動記録に不審な痕跡を見つけた僕は、サミィが行った先を確かめにいく。
たどり着いたのは、人間とロボットの区別をしない、不思議な喫茶店「イヴの時間」。
まさかサミィがここに?そして僕は、思わぬ再会を果たす―。
WEB発、話題沸騰の人気アニメをノベライズ。そこはふたつの心が、響きあう場所。



面白かったです。

もうすでに映像化して完成しているものをノベライズ化すると
劣化して面白くなくなる、ということはよくあることですが
「イブの時間」はとても面白かったです。
あとがきに三原則
・原作の魅力を余すところなく伝える
・原作とは違った視点を補完する。
・小説オリジナルエピソードを描く
は全てクリアしていると思います。
原作は未視聴なので本当にクリアされているかどうかは分からないのですが
本書を読んで原作やコミカライズの方も興味を持ったので
間違いなく成功しています。
人間とアンドロイドが心を通わす不思議な喫茶店。
大変萌える話題です。
みんなのために良かれと思ってピアノを練習するサミィのせいで
リクオが寝不足になり周りの人にあたって不快な思いにさせる、
という展開がどうにもならない「らしい」現実感を与えてくれます。
そんなよくある現実から向き合って仲直りするっていうのが
この物語のいいところだと思います。

SFチックな世界観なので深く考えてしまいがちなんですけど
(なぜハウスロイドに心があるのか)
(なぜハウスロイドが人間の形をしているのか)
コーヒーの香りとピアノの調べに身をゆだねて
人間とアンドロイドの絆に浸るのがいいのです。
ハーレムラブコメでこんな主人公に惚れるやつはいねーよ!
こんな女いねーよ!
長編ミステリで実際の事件でトリックなんてないしこんなに集中して殺人事件が起こるわけがない
警察は探偵と結託したりしないといっても無駄話にしかならないように
主題は人と機械の関係であって、そして
本書には浸れるだけの美しさがあります。

人間には人間のよさがあって
アンドロイドにはアンドロイドのよさがある。
人間はアンドロイドになれないし
アンドロイドは人間になれない。
人間とアンドロイドには確かな違いがあって
でもその心だとか魂だとかには貴賎はないのだと思っています。
心はどこで生まれたとか誰が作ったとかいうことで
価値に違いが出たりしないし善や悪もない。
教師・育児アンドロイドが生まれたからといって
人間はもう二度と教師・育児をしてはいけないということではないし
好きだったことを一番になれないから止めてなくてはいけないという法はない。
相手がなんだろうと自分は自分である、ということと
相手もまた心を持っているということを思い出させてくれる物語でした。
人間同士でも忘れがちなことですよね。
リクオ、マサキ、ナオコがアンドオイドに人間の心がないと決め付けているのは
世間的にはアンドロイドには心がないとされているからで
アンドロイドに心があるということを否定する気持ちがあるからといって
悪い人、というわけではないんですよね。
友人や家族が「人の心を持っていないものだけに興味を持つ変人」として迫害されないように
守っていただけで苦しめるつもりはなかったのだと思います。
そのすれ違いが悲しくて、
ちゃんと人間とアンドロイドが仲直りして
同じ時間を楽しめるようになったエンディングがとても良かったです。
この世界の技術者やお偉いさんはなんで
アンドロイドに心があることを公表しないのか、と思いましたが
いやいや、それを言うと物語にならない。

とても楽しかったです。
イブの時間、感想終了。



posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418799315

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。