オススメのライトノベル募集中。

2014年12月30日

人類は衰退しました 9

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)
田中 ロミオ

小学館 2014-06-18
売り上げランキング : 6603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀、すでに地球は“妖精さん”のものだったりします。
そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の“調停官”であるわたしのお仕事。
月に行ったまま音信不通となった祖父の訃報(のようなもの)が届き、わたしは祖父を捜しに月に行くことを決心。
そんなわたしに妖精さんがくれたのは、『いま←→さいしょむせいげん』と書かれたフリーパス。
人間の進化が車窓に流れる蒸気機関車に乗った、わたしが着いた旅の終着駅は夢?それとも…。
ついに、かんけつです!!??



人類はメツボーしました。

面白かったです!
前回はすごいぐだぐだでしたけど
今回はすごい面白かったです。

妖精さんが人間を好きすぎるなら一人ぐらい
人間サイズの妖精さんがいてもいいかなーと思ったことがありますし
助手さんの変わった出自というのは
実は彼こそが人間サイズの妖精さんのかな?と思ったことがあるのですが
まさか逆だったとはね。
「人類は衰退しました」でいつも冒頭に入る
「地球は妖精さんのもの」というセリフに対して
「いやいや人間さんたくさんいるじゃないですかー」
「妖精さん陰に隠れているじゃないですかー」
なんだかおかしいような気がしていましたが
本当は別におかしくはなく
本当に「地球は妖精さんのもの」だったんですね。
政府によって「地球を妖精さんに明け渡す」と宣言した時にはもう分かっていたのかな…?
人間さん終盤は結構ノリノリだったらしいからな。
ちゃんと分かっていて地球を明け渡したのかもしれない。

人間さん(偽)と妖精さんは分化した種族なのか
「曲矢さんのエア彼氏」的なエア妖精なのか?
後者だったらそりゃ頭の中にも入るし分裂だってするだろうし
機械が認識できるわけがない。
そりゃ妄想だもの。
P子やプチモニがかわいそうな目でこっちを見ていたのは
ある意味では正しかったのか…
ごめんよ機械たち…魂のない生き物だと思ってしまっていて。
やつらは十分に心もあるし、魂だってあるのかもしれない。
後に彼らも人類として台頭していくのかもしれない。

この「人間さんは妖精さん」「妖精さんはエア妖精」という設定はたぶん
後付だと思うんですけど
今までの物語にしっくりなじんでいていい感じです。
分化妖精じゃなくてエア妖精だと思うんだよな。
いつでも鉄道に乗れるはずの妖精さんが「人間さん扱い」するぐらいなので
自分の都合のいいように忘れているのでしょう。
たぶん。

冒頭とその後の流れが食い違うかと思ったら
体と精神で分裂していたんですね。
「立派な眉毛だー」ってもともと主人公は太眉設定じゃないですカーと思っていたら規模が違った。
なんとなくゴルゴっぽい動きはしていましたけれどね。
Yと合流後しれっと「私の眉毛は普通」発言していて笑いました。
まぁゴルゴ眉毛は尋常ではない太さなのですが
この世界では割と太目じゃないですかー。

妖精さんのような人間さんのような人類は
人間として生きていくことを決めたらしい。
あるいは人間として生きさせることを決めたらしい。
この世で一人だけ人間さん=妖精さんであることを知っている
主人公はやりたい放題ですね。
魔法使いたい放題ですよ。

憧れを失った妖精さんたち。
これからきっと地球は面白おかしくなるはずなのに
なんだか少しさびしい気がします。
あんだけがんばっておじいさんを見つけたはずなのに
おかしいなぁ。

また人類は二度目の衰退が起きようとしている。
今度は妖精さんの衰退です。
勘違いした世界をどうやってまわしていくのか。
せっかく得た光の世界で繁栄することはできるのか。
続きも出るようなので楽しみにしておきましょう。

終わりよければ全てよし。
人類は衰退しました、オススメしたい。





posted by 安藤 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・分化妖精じゃなくてエア妖精だと思うんだよな。
短編集見ればわかりますけど、近くに人間いない状態で普通に妖精さんたちだけで色々遊んでますし
妄想じゃなく独立した自分の意思のある存在だと思いますよ?

まあ「書かれてないだけで実はすぐそばに人間がいたんだよ!そいつの妄想なんだよ!」と言われたらそこまでですが。
Posted by ヨネザワ at 2015年02月17日 00:01
おじいさんの「魔法を使える」発言と
妖精さん列車で過去が分かるのに
人間さんが妖精さんであることに頓着しない
妖精さんの様子でエアなのでは?
と思っていました。
エアなので見た瞬間存在する感じで。
Posted by 安藤(管理人) at 2015年02月21日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411467056

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。