オススメのライトノベル募集中。

2014年05月19日

純愛を探せ! 2

純愛を探せ!2 (GA文庫)純愛を探せ!2 (GA文庫)
速水 秋水 玲衣

ソフトバンククリエイティブ 2009-08-15
売り上げランキング : 1074687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


魔神と少女の純真な恋物語。その行方は!?
「女性は不誠実な男、嘘つきが大嫌いです」
「俺はどんな悪徳を司っていたっけ?」
「……ボケられましたか? 虚言と姦淫です。平たく言えば、嘘つきでスケベな魔神です」
……俺は、純愛を手に入れたんじゃないのか!?

「純愛とは、愛を手に入れるまでの過程のみを評しての言葉ではありません。
むしろ、その手に掴み取った後、どうやって育み、護り抜くかが重要なのです」
「…………つまり?」
「ご主人様の、ロースペックなお脳用に難易度を下げて説明するならば
『手前、カナデ嬢から愛の告白されたからって調子に乗ってんじゃねえぞ!
大変なのはこれからなんだぞ蛆虫もどき!
天狗になって道を過てば、即破談だからな!』と言った所でしょうか」
――かくして、侍女であり、教育係でもあるリビエラによる
「純愛調教……もとい、教育」が始まった。
しかし、カルマが純愛を極めようとすればするほど、
事態は思いもよらない破滅へと向かっていくのであるが……。
カルマとカナデ、その愛の行方はどうなる!?
極悪魔神と人間の少女の恋愛模様を描く、純愛純情(?)ラブ・コメディ、第2巻登場!



純愛を探せ?いいや、純愛は俺の目の前にある!

カナデがメインヒロインすぎる。
いや、メインヒロインなんですけど。
正統派メインヒロインなため(マリオでいうところのピーチ姫的な)
出番が少なくてサブヒロインの印象をもってしまうのが危ういです。
リビエラやレイナ姫みたいなのがメインヒロインで
カナデのような女の子が当て馬っていうのが最近多かった事の弊害ですかね。
毒されてます。
次巻はがっつりイチャイチャしてほしいですね。

予告どおりカリバンが物語に食い込んできました。
もっとメインっぽい扱いになると思ったですが
カリバンが何を得るために自分の性質を捨てようと思ったのは分からずじまい。
まぁこれはカルマとカナデの純愛物語(多分)。
その純愛に関係ないのであればカリバンエピソードがカットされてもしかたがないよね。
今のままでも面白いし、関係のないこと話されても興ざめなだけだし。
しかしちょっと気になりました。
偏愛と妄執の反対は公平と質素と言う感じでしょうか?

やっぱキサラがデレてるのおかしいと思います。
なんかフェルミナにはデレないでいてほしいものですな。

カナデは純愛のために目から血の涙を流す事はないのかーと
種族の違いを感じてセンチメンタルになったり
恋人に嘘をつくだけではなく隠し事が合っても駄目なのか!
と驚いたり右往左往している様がよいですな。
純愛は維持するのが大切なのです。
望んでいた展開に満足。
いかにカナデがヤマトナデシコでも本人ががんばらなきゃ意味がない。
そのお勉強のためにカナデの出番は減ってしまっているんですけどねww
愛のために目を潰しカナデの救出に向かうシーンが大変燃えます。
駆けつけたカリバン(友人)がアイテムで手助けしてくれるところも
燃えを加速させますがその後ほいほい眼球もどっちゃって台無しだよww
そういう所が魔界の住人らしくて笑えます。

カルマが今までやってきたことはクズの極みだけれども
それは戦争のせいでもあるし
魔界の生まれだからでもあるわけで
多分昔から本当は優しい男なんだろうな。
優しい男だから愛されたかったし愛したくて幸せになりたかったんだと思う。
どんなクズでもやり直せるのが人間界のいいところ(悪いところでもあるけど)
なので彼が幸せになれるとすれば
この場所しかないのかもしれない。
フェルミナを救ったことがカルマの幸せにつながれば良いなと思う。
今はまだ足りなくてもカナデにふさわしい男になってくれ。

リビエラのこと、誤解してたよ。
本当は主人の純愛なんてどうでも良くて
主人が振られて惨めにないてるところをペロペロしたい
性悪(魔界で普通)な女性かと思ってたけど違った!
あわよくば主人の寵愛ゲットという気持ちはありそうだけど…
ちゃんと主人の純愛応援していたことが分かってよかった。
萌えるね!

「純愛を探せ!」は暴力女子ばかりだけど
ちゃんと萌え燃えの余地があるから読んで楽しかったです。

純愛を探せ!、オススメしたい。

posted by 安藤 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397413708

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。