オススメのライトノベル募集中。

2013年11月05日

さっそく図書館に寄贈してきた

どこに配架されるかなー。
ワクワクする分もし配架されなかったらヤダなーという思いもある。
というか配架できないんだったら返して欲しい。
ちょっと高めのやつも寄贈する予定なので
そのときは置けなかったら返してもらうように言ってみよう。
無難なやつを寄贈したので配架は多分大丈夫だと思う。
同じ著者でガッツリラノベのやつ置かれているし。
ただ絶版本でもない、比較的新しい本なので
ちょっと配慮が足りなかったなと反省もしております。
もうちょい古い作品にしよう…
絶版本や歯抜けの作品は積極的に寄贈していきたい気持ち。
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379295369

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。