オススメのライトノベル募集中。

2015年07月26日

六花の勇者 6

六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)
山形 石雄 宮城

集英社 2015-07-24
売り上げランキング : 84

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


〈運命〉の神殿で分裂した六花の勇者たちに、テグネウの本隊が迫っていた。
六花たちはア ドレットを中心に策を練るが、一方テグネウは大軍の凶魔での物量攻撃と、
「愛」の力を利用した心理的な揺さぶりを仕掛けてきて……!?

感想文

2015年07月23日

ゲート 4

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈4〉総撃編ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈4〉総撃編
柳内 たくみ Daisuke Izuka

アルファポリス 2011-06
売り上げランキング : 3005

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




20XX年。東京銀座に突如現れた「異世界への門」。
門の向こう側『特地』には、手付かずの潤沢な資源、
そして、栄華を極める巨大帝国の存在があった。
特地で無差別ゲリラを繰り返すゾルザル軍に対し、
帝国正統政府との講和を締結した日本政府は、
これを契機に自衛隊を総動員して殲滅作戦に乗り出す。
一方、世界各地では『門』を原因とする天変地異が観測されはじめる。
にわかに巻き起こる『門』閉鎖論。
事態打開の鍵を握るのは、唯一『門』を開く能力を手にした魔導師レレイだけだった
―国内外のあらゆる思惑から『門』を死守する日本政府。
そして、レレイを護衛する異世界美少女達と伊丹。
果たして『門』はどうなってしまうのか―?陰謀巡る第4章、開幕。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファポリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2

下ネタという概念が存在しない退屈な世界〈2〉 (ガガガ文庫)下ネタという概念が存在しない退屈な世界〈2〉 (ガガガ文庫)
赤城 大空 霜月 えいと

小学館 2012-11-20
売り上げランキング : 49348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ハートマークって、亀頭にそっくりよね」「静かにしてろ」パンツ泥棒の張り込み中に言っていいセリフではない。
ペロリスト・華城綾女の起こした“谷津ヶ森のエロ本騒動”は、PMによって性的な言葉を規制された少年少女に多大な影響を与えた。
その結果。「群れた布地」というパンツ泥棒の組織が横行することに…!?
暴走に難色を示す綾女とは逆に、「SOX」の新メンバーである女子中学生・鬼頭鼓修理は、
彼らを容認し下ネタテロを加速させようとするが―。
世界に誇る下ネタラノベ。調子に乗って出しちゃう2発目。よろぴゅぴゅっ。


感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

終物語 中

終物語 中 (講談社BOX)終物語 中 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2014-01-29
売り上げランキング : 7202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「神原駿河(かんばるするが)は、私の姉の娘だよ――眠らせておくには、惜しい才能さ」
“何でも知ってるおねーさん”
臥煙伊豆湖。彼女が阿良々木暦に課す、
終幕へ向かうための試練とは……?
四百年の時を経て、蘇る武者――これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
青春は、「彼」を語らず終われない。

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社BOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

ソードアート・オンライン 14

ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)
川原 礫 abec

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-04-10
売り上げランキング : 5374

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


“公理教会”の象徴である白亜の塔“セントラル・カセドラル”。
隔離された大図書室の賢者“カーディナル”の助けを借り、
ユージオは整合騎士となってしまったアリスを“本当の姿”に戻すため、
キリトはこのアンダーワールドの消滅を回避するため、
最高司祭“アドミニストレータ”の待つカセドラル最上階、一〇〇階を目指す。
そして到達した九十九階。キリトとアリスの前に現れたのは、
整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべたユージオだった。
躊躇いなく剣を抜くユージオを、やむなく迎え撃つキリト。
旅立ちの日、遠い雷鳴に感じた戦いと別離の予兆は真実となってしまうのか。
キリトの必死の呼びかけは、記憶を封じられたユージオに届くのか。
アリシゼーション・人界編、完結!


感想文
ラベル:川原礫 2014年 感想
posted by 安藤 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

とりあえず投票します。

最近時代を追えていない感じがしてメチャクチャあせっていたのですが
まぁ読書とか趣味とか言うものは楽しければそれでOKだと思い出したので
のんびりやることにしました。
好きラノで出た結果を終えればまぁいいか。
一冊ぐらいは最新のラノベを読めていればいいかぐらいのノリでやっていこうと思います。
だって昔のラノベ面白いんだもん。

【15上期ラノベ投票/9784797382921】
【15上期ラノベ投票/9784040674803】
posted by 安藤 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。