オススメのライトノベル募集中。

2014年12月31日

幽霊は生死不明

幽霊は生死不明―Dear My Ghost〈3〉 (角川スニーカー文庫)幽霊は生死不明―Dear My Ghost〈3〉 (角川スニーカー文庫)
矢崎 存美 白亜 右月

角川書店 2002-10-31
売り上げランキング : 1162901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「自分が死なせた人間が、後ろにいる」という高校2年生を霊視した真人と守護霊・美海。
彼の背後には、確かに同じくらいの年齢の清楚な少女がひっそりと立っていた。
彼は自らの罪を認め、すでに刑も確定している。だが―彼が殺したのは少女ではなく少年だというのだ!?
彼が語らぬ殺害の動機に何が隠されているのか?
事件を追う真人は、美海の存在の謎にも振り回されて…
笑えて泣けるファンタジック・ミステリ、劇的な第3弾。



感想文

2014年12月30日

人類は衰退しました 9

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)
田中 ロミオ

小学館 2014-06-18
売り上げランキング : 6603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀、すでに地球は“妖精さん”のものだったりします。
そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の“調停官”であるわたしのお仕事。
月に行ったまま音信不通となった祖父の訃報(のようなもの)が届き、わたしは祖父を捜しに月に行くことを決心。
そんなわたしに妖精さんがくれたのは、『いま←→さいしょむせいげん』と書かれたフリーパス。
人間の進化が車窓に流れる蒸気機関車に乗った、わたしが着いた旅の終着駅は夢?それとも…。
ついに、かんけつです!!??

感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

答えが運ばれてくるまでに

答えが運ばれてくるまでに―A Book without Answers (メディアワークス文庫)答えが運ばれてくるまでに―A Book without Answers (メディアワークス文庫)
時雨沢 恵一 黒星 紅白

アスキーメディアワークス 2011-12-22
売り上げランキング : 93795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どんなに考えても、今は答えが出ないことがある。
時間が経たないと、未来にならないと、分からない答えがある。
それまでに―答えがある。
それまでに―答えが運ばれてくるまでに、僕達は、何を考えるだろう?
ドキリとする、ウルッとする、元気になる、胸が痛む、納得する、空を見上げたくなる、そんな“心が動く掌編”20篇を収録。
シリーズ累計750万部の「キノの旅」コンビが贈るオールカラー絵本第3弾。答えがいつかあなたに運ばれてきますように…。


感想文
posted by 安藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアワークス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

のうりん 9

のうりん 9 (GA文庫)のうりん 9 (GA文庫)
白鳥 士郎 切符

SBクリエイティブ 2014-07-14
売り上げランキング : 42528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


友情と祝祭の第9巻!

忙しい忙しい。
……あ、どうも。木下林檎です。
農業高校生やってます。今はもうすぐ始まる緑園祭の準備で大忙しです。
この学校に来て半年たちました。 自分がどれだけ変われたのか、
それはわからないけど……毎日がすごく楽しいです。
このままずっと、耕作たちとこの学校で――
えっ!? あ、あなたは……どうしてここに……!?
いやっ! 帰りたくなんてない!!
林檎を連れ戻しに東京から訪れた最強の相手を前に、
田茂農林に集いし仲間たちが立ち上がる!
懐かしいキャラクター総出演で農業高校の本質に迫る、
友情と祝祭の第9巻! これぞ史上最大の農林一揆!!


感想文
posted by 安藤 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

幽霊は身元不明

幽霊は身元不明―Dear My Ghost〈2〉 (角川スニーカー文庫)幽霊は身元不明―Dear My Ghost〈2〉 (角川スニーカー文庫)
矢崎 存美 白亜 右月

角川書店 2002-03
売り上げランキング : 1218534

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「真人!挑戦状が来たのよ!」姉の咲子のせいで、山奥の大邸宅で夏休みを過ごす羽目になった真人と守護霊・美海。
霊能力者(自称)の咲子に、20年もの失踪の後、記憶喪失状態で発見された小沼家の跡取り息子・喜代志を霊視してほしいというのだ。
失われた記憶の鍵は、自分が喜代志であることすら認めない彼にとり憑く、美しい女性が握っている。
だけどこの幽霊、いったい誰なの!?笑えて泣けるファンタジック・ミステリ、第2弾。


感想文

2014年12月13日

コップクラフト 4

コップクラフト 4 (ガガガ文庫)コップクラフト 4 (ガガガ文庫)
賀東 招二

小学館 2014-03-18
売り上げランキング : 52633

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3年ぶりに彼らが夢の街に帰ってきた!

突如発生した異空間ゲートにより、異世界とつながってしまった都市・サンテレサ。
そこで日夜特殊な犯罪を捜査する敏腕刑事・マトバと異世界からやってきた美少女剣士・ティラナ。
ある日2人はゲートの向こうにある世界・セマーニから密輸品が持ち込まれるというタレコミを受け、
密輸業者を待ち伏せることに。
銃撃戦の末、密輸品の回収に成功する。
しかし密輸業者を取り逃がしてしまったことで、2人はケンカを始める。
そのうちマトバは明日も続く捜査のため早々に寝てしまい、ティラナは押収品の仕分け作業を続ける。
翌朝、マトバが目覚めると半裸のティラナがベッドの中に潜り込んできて、猫のように、いきなり彼の体をなめながらまとわりついてきた。
あまりのことに慌てたマトバは「なんかの病気か? 寝てろ」と言い残しさっさと出勤してしまう。いったいティラナの身に何が起こったのか?
そしてそんなティラナを目の当たりにしたマトバは!? そこには昨日の事件が大きく絡んでいた……。
硝煙と魔法が入り乱れる「夢の街」を舞台に、敏腕刑事と美少女剣士コンビが奔走する、
全ライトノベルファン必読のポリスアクションシリーズ、3年ぶりの第4弾!

感想文
posted by 安藤 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ガガガ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

悪夢の棲む家 上

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)
小野 不由美 小林 瑞代

講談社 1994-03
売り上げランキング : 153717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「出ていって、悪いことが起こらないうちに」これが、念願のマイホームを手に入れて、はしゃいでいた母のつぶやきとは思えない―。
このときから、翠の身辺で怪現象が始まる。
なんのためにか、鏡を嵌め込み、塞いだ窓からは、いつも誰かがのぞいている。
家の中には姿なき住人の気配。
立ちこめる腐臭…。調査にのりだした渋谷サイキック・リサーチだが、
そこで麻衣が姿見の向こうに見たコソリの正体とは。
迫真の本格ホラー堂々登場。

感想文

2014年12月07日

六花の勇者 5

六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)
山形 石雄 宮城

集英社 2014-11-21
売り上げランキング : 962

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


愛から憎しみへ。白から黒へ。
「黒の徒花」の情報を手にしたアドレットだが、その内容に思い悩み、その取り扱いに逡巡する。
六花の勇者たちはテグネウの追っ手を退けつつ〈運命〉の神殿にたどり着くが、そこで予想だにしない
人物に出会う。伝説に聞く、一輪の聖者がいたのだ。 そして一輪の聖者の周囲にある神言を読み解くと、
「黒の徒花」に関わるテグネウのさらなる一手が判明する。自分たちが危機的な状況にあると
知ったアドレットはそこで「黒の徒花」の内容を語り、対策を議論しようとするのだが、その矢先に、
フレミーが衝撃的なひと言を放つ。究極の選択を迫られたアドレットの答えとは…! ?
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第5幕!

感想文
posted by 安藤 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。